ここから本文です

比嘉大吾は一発クリア「王者となった後の人生長く」

日刊スポーツ 5/19(金) 15:00配信

 20日に東京・有明コロシアムで開催されるプロボクシングWBC世界フライ級タイトル戦の前日計量は19日、東京都内で行われた。200グラムオーバーの51・0キロだった同級王者ファン・エルナンデス(30=メキシコ)を横目に、同級1位・比嘉大吾(21=白井・具志堅スポーツ)は50・8キロで一発クリア。計量後は「前回と同じぐらい減量がきつかった」とココナツウオーターと甘酒で減量で疲れた肉体を癒やした。

【写真】比嘉の相手が減量失敗で王座剥奪「長旅と時差で…」

 王者が計量パスできなかったが、比嘉は「自分が(体重を)落とさなければいけない訳ではないので」と自然体を貫いた。その上で「自分が勝たないことには王者になれない。王者になった後のボクシング人生を長くしたいので、勝ちたい」と強調していた。

最終更新:5/19(金) 15:30

日刊スポーツ