ここから本文です

本格参戦1年目の小野田享也が今平周吾と並んで首位

日刊スポーツ 5/19(金) 18:55配信

<男子ゴルフ:関西オープン>◇第2日◇19日◇京都・城陽CC(7037ヤード、パー71)◇賞金総額7000万円(優勝1400万円)

 ツアー本格参戦1年目の小野田享也が8バーディー、2ボギーの65で回り、通算6アンダーの136で、第1日首位の今平周吾と並んでトップに立った

 3打差の3位で高山忠洋、デービッド・ブランスドン、カート・バーンズ、マシュー・グリフィン、ブラッド・ケネディ(いずれもオーストラリア)が続いた。

 アマチュアの杉原大河(徳島・生光学園高)が通算2アンダーで谷口徹、松村道央、小池一平と並ぶ8位で予選を通過。

 2位から出た、テレビ番組「行列のできる法律相談所」で知られる北村晴男弁護士の長男、北村晃一はスコアを3つ落とし、通算1オーバーの16位に後退。

 直近2試合連続優勝の宮里優作は通算5オーバーのカットラインギリギリで決勝ラウンドに進んだ。

最終更新:5/19(金) 18:55

日刊スポーツ