ここから本文です

日本ハム大田、自己最多5号もレアード抜かしそうに

日刊スポーツ 5/19(金) 20:07配信

<日本ハム7-2オリックス>◇19日◇札幌ドーム

 日本ハム大田泰示外野手(26)が3回、シーズン自己最多となる5号3ランを放った。

【写真】祝福のキスをされ照れている大田

 無死一、二塁でオリックス2番手の青山から、バックスクリーン右へ運んだ。一塁を回ると、一塁走者のレアードが足を止めて打球を見ていた。勢い余って抜かしてしまいそうに見えたが、大田も急ブレーキ。「セーフ」のジェスチャーを見せながらレアードを抜かすことなく、ゆっくりとダイヤモンドを1周した。

 試合後に、その場面を回想した。

-一塁走者のレアードの動きは見えていたのか

 大田 見えていました。(本塁打になった瞬間に)あいつ(レアード)がパッと戻ってきた。そういうのが、ホームランはたまにあるから。そこは、気をつけました。

 高い放物線の打球で、一塁走者のレアード、二塁走者の中田もタッチアップする可能性を最後まで伺っていた。打球がスタンドへ落ちてきた瞬間も、ギリギリの打球で相手野手が捕球するかもと少しだけ帰塁するそぶりを見せていた。大田も冷静に動きを見て、一塁を回ったところで立ち止まった。隠れたファインプレーもあり、プロ9年目にしてキャリアハイの本塁打数に達した。

最終更新:5/19(金) 23:15

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/24(水) 17:25