ここから本文です

広島石原「よかった…」一、二塁間抜ける右前適時打

日刊スポーツ 5/19(金) 20:38配信

<中日5-3広島>◇19日◇ナゴヤドーム

 広島石原慶幸捕手(37)が6回に右前へ同点適時打を放った。

【写真】稲村亜美、史上初今季2度目ナゴヤD登板/写真特集

 1点を追う6回。鈴木の二塁打の後、エルドレッドが四球を選び、先発小笠原を降板させた。その後2死二、三塁となり、石原が2番手伊藤の真っすぐをたたいて一、二塁間を抜き、三塁走者を迎え入れた。同点打に「間を抜けてくれてよかったです」と振り返った。

最終更新:5/19(金) 21:47

日刊スポーツ