ここから本文です

緒方監督「素晴らしい」サヨナラ負けも打線粘り称賛

日刊スポーツ 5/19(金) 23:00配信

<中日5-3広島>◇19日◇ナゴヤドーム

 驚異の粘りも、勝利につながらなかった。広島は2度同点に追いつきながら、延長10回に開幕から18試合連続無失点のジャクソンが打たれ、今季2度目のサヨナラ負けを喫した。

【写真】稲村亜美、史上初今季2度目ナゴヤD登板/写真特集

 1点を追う9回、連続三振で簡単に2死を取られた。代打・西川が四球を選ぶと、代走の切り札、野間を投入。中日の抑えの田島を揺さぶり、田中の死球でチャンスを広げた。菊池は2ボールからの外角球をコンパクトにたたいて中前に転がした。二塁から野間が生還。土壇場で追い付いた。

 中盤の2点ビハインドも、2死から追いついた。5回2死走者なしから田中と菊池の連続二塁打で1点差。6回は2死二、三塁から石原が右前にはじき返した。

 だが、延長10回。ジャクソンは2死としながらも二塁内野安打など際どい判定もあり、走者を一塁に残して4番ビシエドを迎えた。「外の低めをうまく打たれた。あそこまでに3アウトを取っておきたかった」。打球は左中間スタンドに消えた。

 緒方監督は打線の粘りを「素晴らしい。よく追い付いた」とたたえ、今季初失点がサヨナラ負けにつながったジャクソンも「何も言うことがないよ」と責めようとはしなかった。打つべき手は打った。首位阪神も敗れ、ゲーム差は1・5と変わらない。明日20日、仕切り直しだ。

最終更新:5/19(金) 23:06

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/29(月) 5:10