ここから本文です

岩木山バックに菜の花見ごろ/鯵ケ沢

Web東奥 5/19(金) 20:13配信

 19日の青森県内は高気圧の影響で好天に恵まれ、各地で気温が上昇した。23.7度と今年の最高気温を更新した鯵ケ沢町では、岩木山麓にある山田野地区の菜の花が見ごろを迎え、観光客らが、雪が残る岩木山と黄色いじゅうたんの組み合わせをカメラに収めていた。
 同地区では、地元の農家が毎年場所を変え菜の花を栽培。今年は春先の低温の影響で、昨年より1週間ほど遅い7日ごろから咲き始めた。青森市から訪れた盛田栄一さん(69)、あきさん(68)夫妻は「見に来るのは3回目。岩木山をバックにしていることもあって、眺めが素晴らしい」と話した。
 町観光商工課によると、来週いっぱいは満開の花を楽しめそうという。
 青森地方気象台によると、同日は三戸町で26.6度、弘前市で26.2度、黒石市で25度と各地で夏日となり、5月下旬から7月中旬並みの気温となった。20日も引き続き好天となり気温が上昇する見込み。

東奥日報社

最終更新:5/20(土) 9:07

Web東奥