ここから本文です

ブラジル大統領が辞任否定-最高裁調査で潔白証明されると表明

5/19(金) 6:57配信

Bloomberg

ブラジルのテメル大統領は18日、自身が汚職スキャンダルの隠蔽(いんぺい)に関与したとされる疑惑について、最高裁の調査によって偽りであることが証明されるだろうと述べ、辞任の求めには応じない考えを表明した。

テメル大統領はブラジリアの大統領官邸からのテレビ演説で、「私は辞任しない。自分がしたことは分かっている。自分の行動が正しかったことを知っている」と語った。

テメル氏が前下院議長のエドゥアルド・クーニャ被告への支払いを承認する様子をひそかに録音したテープを食肉加工会社JBSの幹部2人が最高裁判所に提出したとのグロボ紙の報道を受け、大統領に対する圧力は強まっている。同被告は昨年のルセフ前大統領の弾劾を主導した人物。グロボによると、テープは司法取引のための証拠の一部として提出されたという。報道を受け、18日のブラジル市場では通貨レアルと株式、債券が急落した。

テメル大統領は、インフレ抑制や景気回復の兆しなどに加え、年金改革法案が議会で前進するなどブラジルの見通しが改善しつつある中で政治的不確実性が再燃していると指摘。「最悪のリセッションを脱するための多大な努力が無駄になる恐れがある。国のための多くの良い仕事を歴史のごみ箱に投げ入れてはならない」と述べた。

原題:Temer Vows to Stay, Saying Brazil Probe Will Prove Innocence (1)(抜粋)

Mario Sergio Lima, Bruce Douglas, Matthew Malinowski

最終更新:5/19(金) 6:57
Bloomberg

Yahoo!ニュースからのお知らせ