ここから本文です

4月の訪日客、250万人突破 単月初、春の魅力浸透

5/20(土) 8:01配信

Aviation Wire

 日本政府観光局(JNTO)が5月19日に発表した訪日外客数2017年4月推計値によると、訪日客数は前年同月比23.9%増の257万8900人で、単月の最高記録を更新した。単月で250万人を突破したのは初めて。出国日本人数は0.8%増の126万人で、11カ月連続で前年を上回った。

 これまでの単月の最高記録は、2016年7月の229万6451人。月間の訪日客数は、2014年3月から3年2カ月連続で100万人を突破した。

 JNTOが「重点市場」と定める20の国・地域のうち、台湾や香港、タイ、米国、ロシアなど13市場で単月の最高記録を更新。韓国や中国、豪州など残り7市場で4月の過去最高を記録した。

 JNTOでは4月の結果について、イースター休暇が3月から4月にずれ込んだことなどが訪日需要の拡大に寄与したと分析。韓国からは航空便の提供座席数増により、訪日客が増加した。また、4月に見ごろを迎えたサクラなど、日本の春の魅力が浸透してきていることも需要喚起につながったと見ている。

Yusuke KOHASE

最終更新:5/20(土) 8:01
Aviation Wire