ここから本文です

ヴェノムを主人公にしたスパイダーマンのスピンオフ映画、トム・ハーディが主演、「ゾンビランド」のルーベン・フライシャーか監督に

IGN JAPAN 5/20(土) 11:05配信

ヴェノムを主人公にしたスパイダーマンのスピンオフ映画で、トム・ハーディが主人公のエドワード・ブロックを演じ、「ゾンビランド」のルーベン・フライシャー監督がメガホンを取ることがわかった。
IGNが入手した情報によれば、トム・ハーディは2018年10月5日に公開を予定しているソニー・ピクチャーズのマーベル映画でブロックを演じる。プロダクションは今秋スタートする。



ヴェノムは、独自のマーベル・ユニバースを築こうとするソニー・ピクチャーズが制作する最初のスピンオフ映画となる。ソニーは、スパイダーマンをマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に登場させる契約をマーベル・スタジオと結んでいるが、ヴェノム映画はMCUの一部にはならない。これまでに報道によれば、ソニーのマーベル・ユニバースには、今後ブラックキャット/シルバーセーブルの映画も登場する予定だという。

本作のプロデューサーにはアヴィ・アラッド、マット・トルマック、エイミー・パスカルが就任し、パラク・パテルとエリック ファインマンがコロンビア・ピクチャー側の製作を監修する。
これまでの報道によれば、ヴェノム映画のジャンルはアクション、ホラー、SFになるという。

ハーディがコミック原作の映画に登場するのは今回が初めてではなく、「ダークナイト ライジング」でベインを演じている。サム・ライミ監督の「スパイダーマン3」では、トファー・グレイスがヴェノムを演じた。
「スパイダーマン:ホームカミング」は8月11日に公開される。

Jonathon Dornbush

最終更新:5/20(土) 11:05

IGN JAPAN