ここから本文です

東京の初乗り410円タクシー導入の効果は利用回数が6.1%増、収入が2.8%増

Impress Watch 5/20(土) 0:00配信

 国土交通省 自動車局 旅客課は、1月に東京で導入された410円タクシーの効果について、5月19日に発表した。調査期間は1月10日から3月31日、調査対象は東京のタクシー会社19社、1193台。

【この記事に関する別の画像を見る】

 調査の結果、1日1台あたりの運送回数を2016年の同時期と比較すると、1km・410円の新初乗り運賃以下の利用回数は1.4回から1.9回へ35.7%増。2km・730円の旧初乗り運賃以下の利用回数は7.5回から8.9回へ18.7%増となった。全体では27.7回から29.4回と6.1%増加。

 1日1台あたりの運送収入は、走行距離2km以下では7.3%の減だが、2km~6.5kmで3.3%増、6.5km以上で4.7%増。近距離利用での運賃引き下げと、中長距離利用による運賃引き上げにより、トータルでは4万8257円から4万9586円へ2.8%増となっている。

トラベル Watch,編集部:稲葉隆司

最終更新:5/20(土) 0:00

Impress Watch