ここから本文です

『探偵 神宮寺三郎』最新作が8月31日に発売! 小杉十郎太演じる神宮寺が、再び煙草に火を点ける…

5/20(土) 11:00配信

インサイド

アークシステムワークスは、3DSソフト『探偵 神宮寺三郎 GHOST OF THE DUSK』を2017年8月31日に発売すると明かしました。

【関連画像】

本作は、新宿の街を中心に活躍する名探偵「神宮寺三郎」が、様々な難事件を鮮やかに解き明かす本格派推理アドベンチャーゲーム『探偵 神宮寺三郎』シリーズの最新作であり、生誕30周年を記念する一作でもあります。


シリーズが積み上げた歴史や重厚感を詰め込みながらも、ユーザーが求めるゲーム性やシチュエーションを盛り込んだ原点回帰的なタイトルとなっており、お馴染みの街・新宿を舞台に、神宮寺らしい大人のリアリティが漂うドラマを堪能することができます。また、シリーズ初期から携わっていたオリジナルスタッフが制作を手掛けているのも、シリーズファンにとって嬉しいポイントでしょう。

待望の発売日も決定し、プレイ意欲が高まるばかりですが、今回の発表に合わせてティザーサイトも公開されています。メインストーリーのあらすじや、本作に登場するキャラクターの情報も判明しているので、リリースに備えていち早くチェックしておきましょう。

◆本編ストーリー

謎の屋敷で起きたホームレス男性の事故死。何の変哲もない事故現場に、不思議な違和感を覚える神宮寺。一人捜査を進める神宮寺は、旧友の力も借りて見事、真犯人を突き止めることに成功する。そんな彼の能力を見込んで屋敷の主・矢上は、とある依頼を持ちかける。

「また、近いうちに連絡をする」

そう話す矢上と別れ、一人帰途につく神宮寺。次の日、事件は思わぬ方向に急展開を迎える…。

30年前の事件をきっかけに、いま再び新宿に激動が走る! とある“屋敷”に隠され続けた秘密と“亡霊と呼ばれた男”の苦悩を、神宮寺はまだ知らない……。



◆登場人物
■神宮寺三郎(CV:小杉 十郎太)

言わずと知れた本作の主人公。新宿歌舞伎町に事務所を置き、新宿を中心に活動する探偵。頭脳明晰で難事件をいくつも解決してきた。困った時にはタバコをふかす、ハードボイルドで物静かな性格。人情を大切にする心優しき探偵。

■御苑洋子(CV:能登麻美子)

優れた洞察力と直観力で調査のサポートをする神宮寺探偵事務所の助手。大人しく、頭脳明晰で6ヶ国語を自由に操る。しかし、一度火が付くと周囲を気にせず大胆に行動する一面も。

■熊野参造(CV:立木文彦)

新宿淀橋所の警部。キャリアは30年以上と大ベテラン。陽気な性格で、人情味がある。神宮寺とは旧知の仲で、お互いに頼りにしている。事件とは無関係に神宮寺探偵事務所を訪れることがよくある。

■加賀大吾(CV:山下誠一郎)

公安刑事の後輩。生真面目な性格で正義感が強く、情に厚い。頭は良く優秀だが、時に感情で突っ走ってしまう。体育系で悪と思った人間には厳しい態度を取る。

■さとみ(CV:小原好美)

美人で、育ちのいいお嬢様。現在は歌舞伎町でホステスをしているが、どことなく気品がある。気は強いが、悩みは内に抱え込むタイプ。幼い頃から愛情に飢えているので、どこか寂しげ。


■『探偵 神宮寺三郎 GHOST OF THE DUSK』ティザーサイト
URL:http://www.arcsystemworks.jp/jinguji-god/

『探偵 神宮寺三郎 GHOST OF THE DUSK』は2017年8月31日発売予定。価格は、パッケージが5,370円(税抜)、ダウンロード版が4,991円(税抜)です。

(C)ARC SYSTEM WORKS
※画面写真は全て開発中のものです。

最終更新:5/20(土) 11:00
インサイド