ここから本文です

【レポート】『傷物語 VR』映像とキスショット、どっちを見ればいい!? 映像表現をVRで広げる新たな試みをいち早く体験

5/20(土) 22:30配信

インサイド

PlayStation VR(PSVR)は、家庭用ゲーム機であるPS4で気軽にVR(バーチャルリアリティ)体験が味わえる周辺機器として2016年に登場。ユーザーからの注目度は非常に高く、定期的に再販されるものの即座に完売するほどの人気を見せています。

【関連画像】

PSVRでは、専用または対応ゲームが遊べるのはもちろん、様々な映像コンテンツを楽しむこともできます。その表現の数々は、これまでになかった刺激を多くのユーザーに提供し、新たな可能性を感じさせるデバイスとなりました。

そんなPSVRに向けたコンテンツ『傷物語 VR』が、今注目を集めています。このコンテンツは、西尾維新氏の小説を原作とする劇場アニメ「傷物語」を用いたVR作品となっており、主要人物のひとり「キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード」と一緒に同作を振り返る、というもの。ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア、アニプレックス、カヤックの3社がタッグを組むことで実現したVR作品です。

“キスショットと一緒に振り返るVR体験”。原作や劇場アニメを知る者にとって、それはかなり刺激溢れる提案と言えます。ですが同時に、具体的にどういう体験が待っているのか、ピンと来ない方もいることでしょう。そこで今回は、映画全3部作の完結およびBlu-ray/DVD発売記念イベントで筆者が触れた、『傷物語 VR』の体験レポートをお届けします。


イスに座ってPSVRを装着すると、そこは教室の中。原作や小説にも登場した場所に自分がいるという実感に、早くもテンションが高まります。すると、聞き覚えのある声が耳に響き、視線を右側に巡らせてみると──「近っ!」と思わず叫びそうなほどの至近距離に、キスショットが座っていました。


思わず見とれがちになってしまいますが、ぼんやりしていると彼女に怒られそうなので指示に従うと、正面の黒板だった部分がスクリーンに一変。そして、スクリーンには「傷物語」の映像が展開していきます。例えるならば、VR空間上の映画館の中で劇場アニメを見る感じです。


──ただしそれは、ほんのわずかの間だけ。前面だけだったスクリーンが左右にも拡がり、かと思えば上下や後ろにも。「傷物語の映像」そのものが様々な形で表現され、予想が追いつくヒマもなく展開していきます。舞台だったはずの教室も変貌し、映像表現という世界の中に自分が取り込まれていくような感覚は、現実の映画館では(少なくとも今の時点では)決して味わえない体験でした。

また、隣りに座っているキスショットも、ただ映像を見ているだけではありません。そのため、映像に魅了されながらも、キスショットの様子や行動も気になり、つい何度も視線を右に送ってしまいました。『傷物語 VR』を何度も楽しめる状況であれば、「今回は映像中心に見よう」「次は、キスショットの些細な変化も見逃さないように」といったこともできますが、先行体験会でそんな我が侭を言うわけにはいきません。一期一会とばかりに、映像のガン見とキスショットのチラ見を繰り返してきました。


『傷物語 VR』は、“ただ映像を見るだけ”というコンテンツではなく、映像が持つ魅力の新たな表現の形であり、憧れた作品に自分が近づける感覚が味わえる体験でもありました。この刺激や驚きは、ぜひ直接味わって欲しいというのが正直な感想です。

しかし、『傷物語 VR』の提供や展開について、現段階ではまだ発表はありません。いずれ何らかの動きがあると期待するばかりですが、『傷物語 VR』の新たな動きを望むユーザーの声が、新展開に関する重要な要因のひとつとなるかもしれません。先行体験会の告知映像が公開されているので、興味がある方はまず“告知映像を見る”というアクションから始めてみてはいかがでしょうか。もちろん、『傷物語 VR』の体験は告知映像とは比べものにならない圧倒的な表現だったことを、最後に付け加えておきます。

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=IzkBglQLZ-s

(C)西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト

最終更新:5/20(土) 22:30
インサイド