ここから本文です

花田健吉 和歌山県議に有罪判決

関西テレビ 5/20(土) 12:40配信

遺産を寄付したように装い、約5億円を脱税した罪に問われた和歌山県議会議員に対し、大阪地裁は有罪判決を言い渡しました。

和歌山県議会議員の花田健吉被告(58)は、知人らと共謀して知人の兄の遺産を社会福祉法人に寄付したように装い、相続税約5億円を脱税した罪に問われています。

これまでの裁判で花田被告は「寄付先を紹介しただけ」と無罪を主張していました。

大阪地裁は19日、「脱税目的と理解して紹介した役割は重要。報酬として900万円を受け取っている」として、懲役1年6ヵ月、罰金500万円執行猶予3年の有罪判決を言い渡しました。

【花田健吉被告の判決後の会見】
「あらかじめ認知していながら犯罪に関与するなど、私の人生ではありえない」

花田被告は即日控訴しています。

最終更新:5/21(日) 5:47

関西テレビ