ここから本文です

『マイティガンヴォルト バースト』と『蒼き雷霆ガンヴォルト ストライカーパック』がインティ・クリエイツよりNintendo Switch向けに発売されることが決定

5/20(土) 12:02配信

ファミ通.com

●A 5th of Bitsummitにて発表
 2017年5月20日、21日、京都勧業館 みやこめっせにてインディーゲームの一大祭典“A 5th of Bitsummit”が開催。インティ・クリエイツより、『マイティガンヴォルト バースト』と『蒼き雷霆ガンヴォルト ストライカーパック』が発表された。

『マイティガンヴォルト バースト』は、Nintendo Switch向けが6月15日発売、ニンテンドー3DS向けが6月28日発売で、価格は980円[税込]。『蒼き雷霆ガンヴォルト ストライカーパック』が8月31日発売で、価格は通常版が5000円[税抜]、限定版が8000円[税抜]となる。以下、2タイトルの詳細をお届けする。


■『マイティガンヴォルト バースト』
 『マイティガンヴォルト バースト』は、2014年に発売されたニンテンドー3DS用ダウンロードソフト『マイティガンヴォルト』のコンセプトを引き継ぎ、完全新作としてリリースされるタイトル。90年代の雰囲気を味わえるレトロテイストのサイドビュー2Dアクションでありながら、敵に接近して倒す事によって発生する“バーストコンボ”や、プレイアブルキャラクターの攻撃・防御・運動性能をいつでもどこでもチューニングできる“カスタマイズシステム”など、特徴的な新システムを搭載する事により、現代のゲームとしてやり応えのある作品に仕上げました。
 さらに、Nintendo Switch版では、怪しいポイントに近づくとHD振動で方向をお知らせする“ダウジング”も搭載しています。ダブルヒーロー、“ベック”(『Mighty No. 9』より)と、“ガンヴォルト”(『蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト爪』より)、それぞれの視点から織りなすifストーリーを是非お楽しみください。



★零距離で敵を倒せ! “バーストコンボ”が爽快な2D横アクション爆誕!

≪異世界を繋ぐ電脳の迷宮――絡み合った運命の意図を解け!≫
 『マイティガンヴォルト』が装いも新たに『マイティガンヴォルトバースト』として登場!
刷新されたゲームシステムによりスコアアタックだけでなく、拡張性の高いプレイヤー成長システムや収集要素等、豊富なプレイバリューで納得の遊び応えになりました!
 原作の8ビットテイストは80年代から90年代風にリニューアルされ表現力も向上。
 主人公はMighty No. 9から「ベック」、蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト爪から「ガンヴォルト」のダブルヒーロー方式。本作オリジナルの世界観でそれぞれの視点から織りなすifストーリーを体験してください。

▼基本的なゲームの流れのご紹介

 ギミック満載のステージを進み、最後に待つボスを見事撃破すればステージクリアです。

 ステージクリアしてステージセレクト画面に戻ってくると、リワードの選択が行えます。
 一度に選べるのは一つなので、全て入手したい場合は繰り返しステージクリアを目指しましょう。

★ゲームオーバーについて

 本作ではゲームオーバーがありません。
 力尽きてもチェックポイントから何度でもリトライできるので、アクションが苦手な方でも繰り返しプレイし、オールクリアを目指すことができます。(リトライ数に応じてリザルトのスコアは減点されます。)

特徴的なシステム(1)“バーストコンボ”のご紹介

 敵に接近した状態でトドメを刺すと「バースト」!
 通常より派手に爆散し、テクニカルな撃破を行ったことで、スコアにボーナスが入ります。

 バースト撃破を連続で決めれば「バーストコンボ」が蓄積され、撃破スコアのボーナスがさらにアップ!
 もちろん、ボスもバースト撃破が狙えます。

▼特徴的なシステム(2)“カスタマイズシステム”のご紹介

 モジュールアイテムを入手すると、カスタマイズ画面でショットの性能を変化させることが出来ます。

★CPについて

 性能の高さに比例してより多くの「CP(コストポイント)」が必要です。CPの上限内であれば何回でも編集、使い分けが可能です。

 弾に貫通性を持たせたり敵を自動追尾させたりと、カスタマイズ内容は多種多様。
 カスタマイズ画面内で試射しながらセッティングできるので自分好みのショットに仕上げましょう!

▼特徴的なシステム(3)成長要素(CPの増加)のご紹介

 カスタマイズに必要なCPは敵のドロップアイテムやステージクリア報酬などで上限を増やすことができます。
 CPを増やしてプレイアブルキャラクターを強化すれば、いずれは難関ステージをクリアできるようになるでしょう。

 CPの利用はショットの強化だけに止まりません。攻撃力・防御力の強化、「斜め撃ち」や「チャージショット」の利用可能など、様々な性能を付け加えることもできます。

★マイナスの成長について

 カスタマイズ内容の中には強化とは反対にプレイヤーの性能を落とす(CPを減らす)ものがあります。
 これを適用するとハンデ付きのプレイになりますがステージクリアの際リザルトでクリアボーナスがアップします。
 スコアアタックには有効な選択肢となるでしょう。

▼特徴的なシステム(4)収集要素“ピクセルシール”のご紹介

 ゲーム中に入手できる機会が一度しかないレアアイテムの中には、「ピクセルシール」と呼ばれるキャラクターなどがドットで描かれたアイコンが存在します。
 ピクセルシールの入手方法はステージに置かれていたり敵から低確率でドロップしたりと多種多様で、総数は100種類を超えます。



 ピクセルシールはコレクション画面から閲覧できる他、カスタマイズスロットのアイコンとして登録することもできます。

★ピクセルシールの取り扱いについて
 ピクセルシールの入手状況は全セーブファイルの共通情報として保存されるため、入手後は全てのセーブファイルで共有・利用可能になります。セーブファイル毎に入手し直す必要はありません。

▼Nintendo SwitchのHD振動要素“ダウジング”のご紹介

 CPを消費して「ダウジング」と呼ばれる効果を有効にすると、怪しいポイントに近づくとHD振動で方向をお知らせします。
 本作のステージは一見すると普通の地形に見えても実は攻撃で破壊出来る箇所が多数存在します。
 探索にはとても便利なので、まずは「ダウジング」が拡張されるモジュールアイテムを入手しましょう。
※オープニングステージのどこかに隠されています。

▼プレイアブルキャラクター「ベック」のご紹介

 Dr.ホワイトが開発した、『心』を持ち成長するロボット。
 他のロボットのXelを吸収してプログラムを学習し、成長する機能を備えているが今回は訓練用に機能がロックされているため多彩な変形アクションは使用できない。
 唯一の武器はDr.ホワイトに託された新ウェポンのみ。
 Dr.ホワイト曰くベックの進化とシンクロするとのことだが、まだその全容は判明していない。

★ストーリー
 暴走する8体の兄弟ロボットの救出に成功したベック。
 ベックの成長を感じたDr.ホワイトは水面下で研究していた彼専用新ウェポンシステムの開発にのり出す。
 Dr.ホワイトが造った仮想空間へとダイブしたベックだったが、ボスを倒すも場面が一向に切り替わらない。
 そこに突如現れた少年「ガンヴォルト」の力によってベックは仮想の住人となってしまう。
 果たしてベックはこの世界から脱出できるのか。そしてガンヴォルトの正体とは――

▼プレイアブルキャラクター「ガンヴォルト」(通称GV)のご紹介

 雷撃の“第七波動(セブンス)”「蒼き雷霆(アームドブルー)」の能力者。シアンと言う“電子の謡精(サイバーディーヴァ)”の魂を内に宿す。謎の世界へと転送されたことを境に本来の力を十分に発揮できなくなってしまう。
 武装である銃(ダートリーダー)は健在。
 スキルはかろうじてライトニングスフィアのみ使用可能。
 ガンヴォルトがピンチになるとシアンの加護が発動することがあり、その間だけシアンが顕現する。

★ストーリー

 シアンの力を取り戻すミッションを遂行中、ガンヴォルトは謎の光に襲われる。
 次に二人の目に映ったのは見知らぬ世界だった。
 その世界で邂逅する一体の少年型ロボット「ベック」。
 ガンヴォルトはベックにマイティバトルトーナメントなる異種格闘技戦への強制エントリーを言い渡される。
 果たしてガンヴォルトとシアンはこの世界から脱出できるのか。そして、謎の光の正体とは― ―

■『蒼き雷霆ガンヴォルト ストライカーパック』
 本作は、シリーズ1作目『蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト』と、シリーズ2作目『蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト爪(ソウ)』を1本に収載した作品で、2016年に発売されたニンテンドー3DS版をNintendoSwitch用に60FPS化、UIの最適化、イベントグラフィックの高解像度化、全DLCの搭載、新曲の追加などをした製品となります。
 『蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト』シリーズは、ドット絵で表現されたハイスピード本格2Dアクションゲームで、特徴的なシステムである“ライブノベル”により、会話を交わしながら宿敵と戦う演出が盛り込まれています。
 主人公の能力者の少年“ガンヴォルト”を操り、迫りくる敵と熱い会話を交わしつつ倒す醍醐味は本作ならではです。
 商品構成は通常版(5,000円+税)と、2017年2月9日にニンテンドー3DSのeShopで配信した『アニメ蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト』のDVD、及び、ドラマCDが付属した限定版(8,000円+税)をご用意しました。
 是非、最新ハードNintendo Switchで本格2Dアクションをご堪能ください!

▼『ガンヴォルト』がNintendo Switchで再始動!

★蒼き雷霆ガンヴォルト(シリーズ)の特徴
・爽快性とスピード感を追求した正当進化2Dアクションゲーム!
・クオリティの高いドット絵で描かれるキャラクター/世界観を表現!
・魅力的な少年ヒーロー、ヒロインが多数登場する物語。ライトノベルとアクションゲームが融合!
・ヒロインによる20曲以上の楽曲がゲームプレイを盛り上げる!
・初心者から上級者まで、誰でも楽しめるゲーム性&レベルデザイン!



▼Nintendo Switch版の特徴

・アクション性が向上! フレームレートが[30fps]から[60fps]に
 3DS版ではビジュアル演出を優先する都合、30fpsのフレームレートで動作していましたが、より高性能なNintendo Switch版では60fpsでのアクションプレイが可能です。
 特にガンヴォルト爪(2作目)で追加された、移動アクションのスピードが速いプレイヤーキャラ【アキュラ】でプレイしたときに60fps化の効果が実感できます。

・3DS版の追加DLCを全て搭載した決定版でリリース!
 Nintendo Switch版は、ニンテンドー3DS版のDLC(追加ステージ/ボス、追加モード、および新曲アイテムなど)の全てを搭載しています。

・HD振動に対応!ガンヴォルトの雷撃鱗アクションに連動 バトルの臨場感がアップ!!
 ガンヴォルトの雷撃鱗(攻撃技)などの威力に応じて振動が微妙に変化するなど、Nintendo SwitchだからこそできるHD振動機能の楽しさを体験できます。

・3DS版から画面レイアウトを一新! 直感的な操作性と見やすいメニュー画面に
 上下画面を使った3DS版から1画面用にレイアウトを変更する際に、より直観的なレイアウトに再配置しました。

・Nintendo Switch版に新たな楽曲を追加!
 ガンヴォルトに登場するバーチャルアイドル《電子の謡精モルフォ(CV:櫻川めぐ)》が
歌う新主題歌を収載しました。

・Nintendo Switchの高解像度に合わせて、イベントCGや文字フォントが美麗化!
 Nintendo Switch版では読みやすい文字フォントに高品質ビジュアルが可能となり、よりキャラクターが魅力的になりました。

・ゲームバランスの細部調整、システムを一部改修してゲームプレイをより快適に面白く!
 ガンヴォルト(1作目)のクードスシステムを、ガンヴォルト爪(2作目)の選択式へ変更したり、想定よりも難しくなっていたマップの修正など、快適にプレイを楽しめるゲームバランスに調整を行いました。

・ワールドワイドのゲームプレイヤーが楽しめる!多くの言語に切り替え可能!
 日本語/英語/フランス語/ドイツ語/イタリア語/スペイン語/ポルトガル語に対応しました。

・NitendoSwitch Proコントローラーにも対応
 一番操作しやすい環境でお楽しみ下さい。

▼『蒼き雷霆ガンヴォルト』メインキャラクター紹介

ガンヴォルト(CV:石川界人)
 今作の主人公である14歳の少年。通称“GV”。
 ガンヴォルトはコードネームであり、本名はGV自身が語りたがらないため不明。
 反皇神(スメラギ)を唱える武装組織「フェザー」に所属する第七波動(セブンス)能力者だったが、シアンとの出会いにより、フェザーを抜けることとなる。
 普段は冷静で大人びているが、曲がったことは嫌いで、納得の行かない事に対しては我を押し通そうとする若さと芯の強さを持っている。
 第七波動(セブンス)は電子を意のままに操る雷撃能力“蒼き雷霆(アームドブルー)”

シアン(CV:櫻川めぐ)
 本作のヒロインである13歳の少女。
 皇神(スメラギ)の実験によりつくられた第七波動(セブンス)能力者。
 第七波動(セブンス)は“歌”によって他の能力者の第七波動(セブンス)に共鳴し、その能力を高める精神感応能力“電子の謡精(サイバーディーヴァ)”
 皇神(スメラギ)グループにより、実験体として幽閉されていたところをGVによって救出され、以降はGVと共に同じ家で暮らすようになる。
 純粋で大人しい性格だが、GVに対してはある程度砕けた態度で接

モルフォ(CV:櫻川めぐ)
 皇神(スメラギ)グループがプロデュースする国民的バーチャルアイドル。
 その正体は、シアンの第七波動(セブンス)“電子の謡精(サイバーディーヴァ)”が具現化した存在である。
 皇神(スメラギ)グループはモルフォを表向きはアイドルとして、その裏では他の能力者を探知するためのソナーとして利用していた。
 本体であるシアンとは別の自我を持っており、気が強く、自由奔放な性格をしている。
これはモルフォ曰くシアンの本心が反映されたものらしい。

★電子の謡精とは?
 シアンの第七波動(セブンス)“電子の謡精”(サイヴァーディーヴァ)は、モルフォの歌を介して、他の能力者の精神に干渉する精神感応能力である。
 第七波動(セブンス)は能力者の精神状態と密接な関係があると言われており、シアン=モルフォと波長があった者であれば、その精神に働きかけることで第七波動(セブンス)の力を高めることができる。
 能力者がモルフォの歌を耳にした場合、特殊な干渉波が検知されることから皇神(スメラギ)はこの力を他の能力者の位置を特定するためのソナーとして利用していた。

▼『蒼き雷霆ガンヴォルト爪』メインキャラクター紹介

【ガンヴォルト】(CV:石川界人)
 電子を操る第七波動(セブンス)「蒼き雷霆(アームドブルー)」の能力者。
 「ダート」と呼ばれる特殊な針を敵に撃ち込み、そこから強力な雷撃を流し込む戦法を得意としている。
 シアンという能力者の魂を内に宿しており、彼女とシンクロすることによって自身の能力を極限にまで高めることが可能。
 かつての戦いで多くのものを失い、深く傷ついた彼だったが、オウカという一人の少女との出会いが彼を立ち直らせるに至った。

【シアン】(CV:櫻川めぐ)
 GVの内に宿る魂だけの存在。
 元は第七波動(セブンス)能力者の人間だったが、肉体という檻から解き放たれ魂だけの存在となった彼女は、以前よりも奔放な性格になっている。第七波動(セブンス)は“電子の謡精(サイバーディーヴァ)”。歌うことでGVとシンクロし、彼の能力を高めることができる。
 以前は大人の姿をしていたが、とある事件をきっかけに力の大半を失ってしまい、現在は子供のような見た目になっている。

【アキュラ】(CV:増尾興佑)
 第七波動(セブンス)の危険性を説きながらも命を落とした父の遺志と研究を継ぎ、能力者根絶のために戦い続ける科学者の少年。第七波動(セブンス)を持たない普通の人間ではあるが、独自の技術力と天才的な戦闘センスにより並の能力者を上回る戦闘力を有している。前作から装備を一新し、機動力特化型ジャケット「ヴァイスティーガー」を纏うことで空戦能力が飛躍的に向上。また、機動力を維持したまま火力を高めるために多数のビット兵器と、それらをコントロールするバトルポット「RoRo(ロロ)」を従えている。

【RoRo(ロロ)】(CV:遠藤ゆりか)
 アキュラが多数のビット兵器を制御するため開発した「バトルポット」と呼ばれるAIユニット。
 アキュラを守るために創られたせいか、どこか自分をアキュラの保護者だと思っている節があり、少し生意気なところも。
 AI育成の一環としてアキュラの妹の会話相手になっていた時期があり、「アキュラくん」という呼び方は彼女からうつったもの。
 作中のある事件が切っ掛けで、シアンのような“電子の謡精”へと変化する機能を得ることになる。

最終更新:5/20(土) 23:21
ファミ通.com