ここから本文です

透明度、油膜問題なし 熱海市内3海水浴場で水質調査

伊豆新聞 5/20(土) 15:00配信

 県東部健康福祉センターは19日、熱海市の熱海サンビーチ、長浜、網代温泉の3海水浴場で水質実態調査を行った。同センターの職員2人と、市公園緑地課の職員が担当した。気温、水温を計測し、肉眼で透明度、油膜などを確認した。同日の熱海サンビーチは透明度が高く、調査場所(水深2~2・5メートル)の2カ所とも、海底が見える状況だった。油膜も確認されなかった。

【特集】伊豆半島のビーチスポット網羅!

 採取した海水で化学的酸素要求量(COD)、pH、ふん便性大腸菌群数、腸管出血性大腸菌O157を検査し、セシウム134、同137の含有を調べる。検査結果は6月中旬、県生活環境課が県内各海水浴場を一斉に発表する。昨年は長浜と網代温泉が最高ランクのAA、サンビーチがAだった。

最終更新:5/20(土) 15:00

伊豆新聞