ここから本文です

実際に遊べる巨大PS4コントローラー、そしてNintendo Switchで4人対戦! プレイステーション・任天堂ブースを紹介【A 5th of BitSummit】

ファミ通.com 5/20(土) 15:42配信

 2017年5月20日、21日に京都勧業館 みやこめっせにてインディーゲームの一大祭典“A 5th of BitSummit”が開催。ここでは、開催初日のプレイステーションブースと任天堂ブースの模様をお届けする。

●計11タイトルをプレイアブル出展
 昨年同様、会場に入ってすぐの位置に大きく展開されていた任天堂ブースでは、Nintendo Switch、ニンテンドー3DS用タイトルが多数ラインアップされている。昨日配信開始されたDROOLの『THUMPER リズム・バイオレンスゲーム』や『神巫女 -カミコ-』、『Overcooked』、『バトルスポーツ めく~る』を楽しむ来場者を多く見かけた。

 『バトルスポーツ めく~る』では、4人対戦が楽しめるようソファーと大画面モニターのスペースを用意。初めて顔を合わせる来場者どうしだが、アツい対戦をワイワイ楽しんでいた。

●デカコントローラーに人気集中 『ABZU』や『Firewatch』の出展も
 国内で発売中のプレイステーション4、プレイステーション VR、プレイステーション Vitaの豊富なインディータイトルから、全21タイトルを試遊出展したプレイステーションブース。海外で話題となっている『ABZU』(505 Games)や、VR作品としてシンガポールのディベロッパーチームが制作する意欲作『STIFLED VR』(Gattai Game)など、国内販売初発表タイトルをプレイできるとのことで、ブースは終始人だかりが絶えなかった。
 その中でも、とくに列をなしていたのが巨大なデカコントローラーを使用して実際にプレイできる『パラッパラッパー』。海外から訪れたメディア、親子でいっしょに協力してプレイする光景が多かったように思える。

 両メーカーのインディータイトルの充実ぶりを、まさしく“体感”できるブース構成。試遊台の列も、タイミングがよければすぐに遊べることがあるそうなので、会場に足を運ぶ方はぜひブースでプレイしていただきたい。

最終更新:5/20(土) 15:48

ファミ通.com