ここから本文です

【インディ500】ファストフライデー1位のブルデー、賞金1万ドル獲得

TopNews 5/20(土) 12:30配信

『第101回インディアナポリス500(インディ500)』のプラクティス5日目・ファストフライデーが日本時間20日(土)午前1時から7時まで行われた。

●【インディ500動画】佐藤琢磨3位、アロンソ4位のファストフライデー ハイライト映像

■予選前最後のプラクティス『ファストフライデー』は賞金1万ドル

月曜日から行われてきたプラクティス5日目となる金曜日は『ファストフライデー』と呼ばれており、トップタイムを記録したドライバーには賞金が贈られる。

また、翌日に控えた予選に向けてエンジンの追加ブーストを使用することができる。インディカーの規制により、エンジンのターボチャージャーブーストを10キロパスカル(kPa)増加させることができ、シボレーとホンダのエンジンは約30馬力追加することができる。140kPaまでのパワーは、予選終了まで有効となる。

■ブルデー1万ドル獲得、琢磨3位、アロンソ4位

ファストフライデーのトップは233.116mphを記録した元F1ドライバーのセバスチャン・ブルデー(デイル・コイン/ホンダ/18)。ブルデーは、賞金1万ドル(約111万円)を手にした。

3位はトップから0.191mph差の佐藤琢磨(アンドレッティ・オートスポーツ/26号車)、トップから0.215mph差の4位は“ルーキー”のフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ・アンドレッティ/29号車)だった。

最終更新:5/20(土) 12:30

TopNews