ここから本文です

【オークス】レーヌミノル万全の態勢 距離延長もOK!上積みも十分

デイリースポーツ 5/20(土) 6:03配信

 「オークス・G1」(21日、東京)

 桜の女王が万全の態勢を整えた。レーヌミノルは19日朝、栗東CWを1周半。気持ち良さそうにストライドを伸ばし、翌日の長距離輸送に備えた。中井助手は「桜花賞より気持ちに余裕がある。中5週で行けるのが、この馬には大きいですね」と力強くうなずいた。

 芝6F戦の小倉2歳Sを制した戦績や、スピードに富んだ血統背景から、距離延長を不安視する声はあるが、「もともとマイル以上がいいと思っていたし、デビュー時から距離に対応できるように意識して乗ってきた馬。むしろ千二の方が心配だったくらい。気にしていません」と言い切る。「桜花賞は硬さもあったが、その時よりも柔らかみもあります」と上積みも十分だ。

 7枠13番にも「先週は(馬場の)内がだいぶ悪そうだった。ジョッキーも中間、真ん中くらいがいいと言っていたみたいだし、それを考えたらいいところ」と前向きに捉える。「競馬の時が一番おとなしい馬ですが、今回はスタンド前発走なんで、ゲートはついていこうと思います」と、スタート直前まで最善を尽くす構えだ。

 過去2度の東京遠征は2、4着と結果が出ていないが、「集中力が一番の課題。そういう意味で、ハナは駄目。周囲に馬がいる状況なら、最後までしっかりと走ってくれるはず」と期待は大きい。2冠獲りへ、自身3度目の府中で真価を見せる。

最終更新:5/20(土) 8:07

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ