ここから本文です

【WRC】トヨタ3台目のラッピ「トラブルでタイムを失うも、自信を持つことができた」

TopNews 5/20(土) 12:59配信

5月19日(金)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第6戦ラリー・ポルトガルの競技2日目となるデイ2がポルトガル北部で行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(ヤリスWRC#11号車)が総合7位に、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(ヤリスWRC#12号車) が総合8位につけた。また、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC #10号車)は、SS7で横転し大幅にタイムロスしたが、総合13位で競技2日目を走り切った。

●【WRC順位】トヨタのラトバラが横転、首位争いから脱落/第6戦ラリー・ポルトガル2日目

■エサペッカ・ラッピ(ヤリスWRC #12号車)
総合8位

「午後のSSではインタークーラーに穴が開いてしまい、パワーダウンでタイムをかなり失いましたが、全体的には良い1日となり満足しています。とにかくリスクを冒さないように心がけ、自分のペースを保ち続けました。

コースは予想よりも軟らかく、滑りやすかったですが、自信を持つことができました。

低速コーナーに関しては、自分でもうまく走れたと思います。高速コーナーについてはもっと速く走れたはずですが、今の時点ではまだ完全には自信を持っていないので攻めきれませんでした」。

最終更新:5/20(土) 12:59

TopNews