ここから本文です

コンテ、退団するテリーの現役続行に太鼓判「イタリアのレジェンドたちと同格の存在」

GOAL 5/20(土) 15:57配信

テリーにとって、サンダーランド戦がチェルシーでのラストゲームとなる。アントニオ・コンテ監督は記者会見で、テリーの現役続行に太鼓判を押した。

21日のプレミアリーグ最終節は、19年間で17個のトロフィーをチェルシーにもたらしたテリーの雄姿をスタンフォード・ブリッジで見られる最後の試合となる。今夏で引退する可能性も報じられたが、スウォンジー・シティを始め、プレミアリーグの複数のクラブが同選手の獲得に興味をもっているようだ。コンテ監督も36歳の元イングランド代表キャプテンの現役続行を願っている。

プレミアリーグ挑戦1年目でリーグ優勝に輝いたコンテ監督は「ジョンはキャリアを続けるられる。彼は出場機会を求めているから退団を決意したと皆が理解している」とチームキャプテンについて語り、以下のように続けている。

「キャリアの晩年が来れば、体調、メンタル、それに志を持って毎日ハードワークを続けられるか考えることが大切だ。ジョンは常にこのことを考えている。それに彼を起用すれば、期待に応えるプレーを見せてくれる。だからまだまだプレーを続けられる」

「全ての選手が彼のようなキャリアを歩めるわけではない。ジョンはレジェンドで、このクラブの象徴だ。何年もこのクラブでプレーし、誰よりも勝利を積み重ねてきた。簡単に比較はできないが、(フランチェスコ・)トッティ、(アレッサンドロ・)デル・ピエロ、(パオロ・)マルディーニと同様にジョンはチャンピオンであり、最高の選手だ」

GOAL

最終更新:5/20(土) 15:57

GOAL