ここから本文です

日本一ソフトウェアやゲームフリーク、スマイルブームなど注目メーカーが元気【A 5th of BitSummit】

5/20(土) 22:17配信

ファミ通.com

文・取材・撮影:編集部 古屋陽一

●実力に定評のある開発スタジオも多数出展
 2017年5月20日、21日に京都勧業館 みやこめっせにてインディーゲームの一大祭典“A 5th of BitSummit”が開催。今回のBitSummitの傾向として顕著だったのが、家庭用ゲーム機でもおなじみのメーカーや、開発会社が数多く出展を果たしていること。もちろん、これまでのBitSummitでも、そういった流れは盛んだったのだが、今回はさらに顕著になったと言える。

 “日本一 Indie Spirits”などを展開し、インディーゲームに積極的に取り組む日本一ソフトウェアは、配信中の『Nidhogg(ニーズヘッグ)』や『Back to Bed(バックトゥベッド)』などを出展。6月8日配信にプレイステーション4用ミステリパズルアドベンチャー『The Sexy Brutale(セクシー・ブルテイル)』もいち早く体験できた。BitSummitにはおなじみのインティ・クリエイツは、同会場で初お披露目となる、『マイティガンヴォルト バースト』と『蒼き雷霆ガンヴォルト ストライカーパック』を引っさげで登場。早くもプレイアブルで出展され、大きな注目を集めた。複数台のPCを持ちこんで壮観だったのが『ポケットモンスター』シリーズの開発元としておなじみのゲームフリーク。同社では、“ギアプロジェクト”により、社内から企画を募り、積極的にタイトル展開をしていることはご存じの通りだが、今回のBitSummitでは、今年1月に配信を開始した『GIGA WRECKER』を出展。会場限定バージョンの体験版を用意するほどの気合いの入りぶりだった。


 須田剛一氏率いるグラスホッパー・マニファクチュアは、ステージイベントにて『シルバー事件25区』HDリマスター版を発表。ブースではフィーチャーフォン版から移植した同作のコンバート版がプレイ可能で、たくさんの須田ファンが列を作っていた。こちらもBitSummitには初参戦となるスマイルブームは、『SMILE GAME BUILDER(スマイルゲームビルダー)』の関連作を出展。さらに、ニンテンドー3DS用のBASICプログラミング言語『プチコン3号 SmileBASIC』で制作されたユーザー発信のタイトル『ドウクツジマ』をプレイアブルでお披露目した。トイロジックは、『Happy Wars』と『ハッピーダンジョン』を出展している。また、ヘキサドライブやジェムドロップ、グランディングといった、その実力を誰もが認める開発会社も出展し、大人気だった。とくにグランディングは、『パンツァードラグーン』のクリエイターである二木幸生氏による最新作『Beat Legion』がプレイアブルで出展された。同作は、音ゲーとカードゲームの楽しさが融合したパズルゲームだ。

最終更新:5/20(土) 22:17
ファミ通.com