ここから本文です

【SUPER GT 第3戦オートポリス】九州復興への思いをのせ、2年振りにオートポリス戦開幕

Impress Watch 5/20(土) 10:15配信

 5月20日、「2017 AUTOBACS SUPER GT Round 3 SUPER GT in KYUSHU 300km」がオートポリス(大分県日田市)で開幕した。20日は予選が、21日は決勝が開催される。

【この記事に関する別の画像を見る】

 SUPER GT第3戦オートポリス戦は昨年4月14日に発生した「平成28年(2016年)熊本地震」による被害で2016年シーズンを休催しており、2017年は2年振りの開催となる。

 前戦の第2戦富士でSUPER GTを運営するGTA(GTアソシエイション)代表 坂東正明代表が記者会見で表明(関連記事:GTA 坂東正明代表の定例会見)していたように、九州の人たちへのメッセージを色濃く反映した大会となっていた。

 20日朝9時に快晴の中公式練習がスタート。この公式練習開始5分前に「平成28年(2016年)熊本地震」で亡くなられた方に向けて黙祷を捧げ、レーススケジュールが動き出した。

 この公式練習は10時45分まで実施予定。赤旗が何度か出ているが、10時時点のトップタイムは、100号車 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/伊沢拓也組)の1分35秒373。2位も8号車 ARTA NSX-GT(野尻智紀/小林崇志組)の1分35秒648と、公式練習ではNSX-GT勢がよいタイムを記録している。

 天気もよく、2年振りに開かれるビッグイベントだけに、熱い戦いを期待したい。

Car Watch,編集部:谷川 潔

最終更新:5/20(土) 15:52

Impress Watch