ここから本文です

久保 3戦連発&2アシスト!CL予選切符懸けた最終節に弾み

スポニチアネックス 5/20(土) 6:01配信

 ◇優勝決定プレーオフ ヘント5―2ズルテ・ワレヘム(2017年5月18日)

 ベルギー1部ヘントの日本代表FW久保裕也(23)が18日の優勝決定プレーオフ、ズルテ・ワレヘム戦で1得点2アシストの活躍を見せた。後半14、16分と立て続けにゴールを演出すると、後半38分には右足で3試合連続ゴールを決めた。チームは5―2で4試合ぶりの勝利を収めて3位以上が確定し、来季の欧州リーグ出場権を確保。21日の最終節でクラブ・ブリュージュに勝利すれば、2位となり来季の欧州CL予選出場権を獲得する。アンデルレヒトが3季ぶりの優勝を決めた。

 激しい雨の中、久保が躍動した。後半14分に右サイドに絶妙のパスを通してカルーのゴールを演出すると、その2分後にはGKからのロングボールを右足ダイレクトで前方に流してクリバリーの得点をアシスト。4―1の後半38分にはスルーパスに抜け出して、右足で右隅に蹴り込んだ。3試合連続ゴールに加えて2アシストの活躍。4試合ぶりの勝利に貢献し「アシストは多分、今季初めて。試合を決定づけるゴールを決められて良かった」と胸を張った。

 1月にヘントに加入後、16試合11得点。今季は前所属のスイス1部ヤングボーイズでも公式戦12得点を挙げており、現在記録を更新中の欧州1部リーグの日本人最多1シーズン通算得点を23に伸ばした。

 サポーターによるクラブの今季最優秀選手投票では、GKカリニッチに次ぐ2位。加入から4カ月でエースの地位を確立し「2位だったらあんまり触れないでいいんじゃないですか。でも、うれしい」と笑った。

 チームは3位以内が確定し、来季の欧州リーグ出場権を確保。2位のクラブ・ブリュージュとの勝ち点差は1に縮まり、21日の最終節で直接対決に勝てば、2位となり来季の欧州CL予選出場権を獲得する。久保は「2位を決めにいく。そういうチャンスがもらえたのが良かった。楽しみ」と力を込めた。28日からはW杯アジア最終予選イラク戦(6月13日、イラン)に向けた日本代表欧州組の国内合宿が開始予定。欧州CL切符を勝ち取り、凱旋帰国する。

最終更新:5/20(土) 6:01

スポニチアネックス

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合