ここから本文です

若者団体が討論会 静岡県知事選で6月に浜松、静岡

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/20(土) 8:25配信

 若者の意見を静岡県知事選挙(6月8日告示、25日投開票)立候補予定者にぶつける公開討論会が6月5日に浜松市、7日に静岡市で開かれる。主催はNPO法人「わかもののまち静岡」(土肥潤也代表理事)など、県内の若者団体でつくる実行委。候補者の回答を投票判断に生かし、若年層の意見が反映される県政の実現を目指す。

 事前に街頭イベントやワークショップを開いて若者から政治に対する不満や要望を集め、「若者マニフェスト」として討論会で候補者に質問する。質問者は開催地の若者代表で、浜松市会場は市内の中学生が務める。現時点で立候補を表明している現職の川勝平太氏とバルセロナ五輪柔道女子銀メダリストの溝口紀子氏が出席する。

 土肥さんによると、現在400人ほどが意見を寄せ、防災や交通施策に関する内容が多いという。土肥さんは「政治への意見を尋ねると、皆さっと書いてくれる。決して無関心ではない」と指摘。「若者が感じる課題にどう受け答えをするか。声が届くところを見てほしい」と多くの来場を呼び掛ける。

 問い合わせは実行委事務局のメール<wakamono.shizuoka@gmail.com>へ。

 日程は次の通り。

 【マニフェスト作成などの事前ワークショップ】

 1日午後7~9時 浜松市中区の市民協働センター▽2日午後6時半~8時 JR焼津駅前若者ぷらっとホームやいぱる

 【公開討論会】

 5日午後7~9時 浜松市中区の遠鉄百貨店新館8階えんてつホール▽7日午後7~9時 静岡市駿河区の県男女共同参画センター

静岡新聞社

最終更新:5/20(土) 8:25

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS