ここから本文です

今ごろWBC後遺症? 巨人・坂本が謎の打撃“急ブレーキ”

日刊ゲンダイDIGITAL 5/20(土) 12:51配信

「今年も首位打者は間違いない。WBCに出ていたっていうのに、あれだけ打ちまくる。広角にヒットを打つ技術を含めて、ホント凄いですよ」

 つい1週間前のこと。巨人の坂本勇人(28)について、ライバル球団の主力選手がこう言って脱帽していた。

 昨季、首位打者と最高出塁率のタイトルを獲得した坂本は、侍ジャパンの正遊撃手として3月のWBCに出場。打率.417の好成績を残し、チームを牽引した。開幕後、筒香(DeNA)、中田(日本ハム)、山田(ヤクルト)ら日本代表の主力野手が軒並み不調や故障に苦しむ中で、3、4月は打率.330。5月は10日の阪神戦までの8試合で5本塁打とアーチを量産していた。いよいよ手がつけられなくなると思ったら、19日のDeNA戦では4タコに終わり、最近6試合は22打数3安打、打率.136、0本塁打、0打点と急ブレーキである。

「18日には筒香が風邪をこじらせ、この日も2試合連続の欠場となった。WBCが終わって2カ月が経とうとしていますが、今でも足や腰、ひざなどに痛みを抱えながら出場しているWBC出場選手は何人かいると聞いている。坂本とて疲労はあったはずです。ここまで全39試合にフルイニング出場しており、1~2カ月が経過した時点で反動が出ないか、関係者の間で心配する声があったのも事実。巨人の中心選手という自覚と責任感でここまで頑張ってきたんでしょうけど、実際に打撃だけでなく、守備、走塁でも一時期よりも本来の動きが見られなくなっている」とは、放送関係者。

 一過性の不調で終われば問題ないが……。

最終更新:5/20(土) 12:51

日刊ゲンダイDIGITAL

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/24(水) 16:45