ここから本文です

【巨人】ドラ5高田、ドラ6大江が20日の2軍戦初登板

スポーツ報知 5/20(土) 7:07配信

 巨人のドラフト5位・高田萌生(ほうせい)投手(18)=創志学園高=と同6位・大江竜聖投手(18)=二松学舎大付高=のダブルルーキーが、20日のイースタン・DeNA戦(G球場)で公式戦初登板することが19日、決まった。

 先発する149キロ左腕・大江は「良いアピールのチャンスなので、しっかり投げたい。頑張ります」と気合をみなぎらせた。目下の課題として取り組んでいるのは直球の威力向上。毎日、練習の最後に行うシャドーピッチングでフォームを確認し、力強い直球を投げられるための土台作りに励んでいる。

 一方の高田も「楽しみです。ゼロで抑えられるようにしたいです」と目を輝かせる。高校時代に最速154キロを計時した剛腕はプロ初実戦となった4月6日、3軍の航空自衛隊戦(G球場)でも150キロをマーク。現在は制球力UPを目指し、下半身強化に取り組んでいる。

 3軍では既に高卒リレーで結果を残している。5日の社会人野球新潟大会決勝・バイタルネット戦(新潟)に4―2で勝利し、大会初優勝を飾った際も、大江が先発して5回を1安打1失点。6回からは高田が4回2安打1失点と、安定感抜群の投球で初Vに貢献した。2軍デビューのマウンドでもルーキー両腕が躍動する。

最終更新:5/20(土) 7:53

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報