ここから本文です

豪政府、「UFOグループ」に助成金 2013年から

朝日新聞デジタル 5/20(土) 7:43配信

 障害者を支援する団体に向けた政府の助成を、どういうわけか、UFOについて情報交換する市民団体が受け取っていた。こんな事例が、オーストラリアで発覚した。所管するポーター社会サービス担当相は、経緯を調べるように指示した。

 地元紙オーストラリアン(電子版)などによると、豪政府は、障害者を支援する団体への助成事業をしている。この事業の対象となった2700ほどの団体の中に「タグラレイクスUFOグループ」という団体も入っており、2013年から計6千豪ドル(約50万円)近くを受け取っていた。

 ポーター氏はこの事例を把握していなかったとし「人々の税金を使うのだから、一般的な感覚からは(助成は)理解を得られないだろう」と述べた。

 このグループのフェイスブックページによると、豪南東部セントラルコーストに拠点があり、ページのフォロワーは約1100人。毎月第1日曜日に、UFO関連の情報共有を目的に集会を開いているという。グループは19日、朝日新聞の問い合わせに「来週中にも声明を出す」と答えた。(シドニー=小暮哲夫)

朝日新聞社

最終更新:5/20(土) 21:23

朝日新聞デジタル