ここから本文です

【RISE】KO防衛した那須川天心に才賀紀左衛門が挑戦状

5/20(土) 23:49配信

イーファイト

 5月20日(土)東京・後楽園ホールにて開催された『RISE 117』で、ISKAオリエンタルルール世界バンタム級王者・那須川天心(TARGET)が、挑戦者“アベンジャー” ライアン・シェーハン(アイルランド)を1Rわずか1分12秒、左ボディストレートでKO。世界タイトルの初防衛を果たした。

【フォト】那須川に対戦を要求する才賀

 那須川の圧倒的KO勝ちで場内が盛り上がった中、リング上に才賀紀左衛門(才賀紀左衛門道場/Me ,We)が登場。マイクを持つと「天心、天才やな、お前は。誰も日本人が試合してくれなくてかわいそうだから、次のRIZINで俺とやろう」と突如、挑戦状を叩きつけた。

「俺は元々K-1に出てたから、RIZINルールでもK-1ルールでもRISEルールでもいい」と、どのルールでもいいから対戦しようと才賀が持ちかけると、那須川は「やっちゃいます。どんなルールでも強い人が本当に強い人なので、受けて立ちます」とその場で挑戦を受諾する。

 才賀は続けて「俺も男とくっつくのは嫌いやから、立ち技でド突き合おう」と、RIZINのMMA(総合格闘技)ルールで対戦したとしても、寝技には行かず立ち技で戦うと宣言した。

 試合後のインタビューで那須川は「格闘技界で活躍しているし、お世話になっている人なので、いつかやる日が来ると思っていました。このタイミングで来たか、という感じでした」と、才賀と戦うことになると予感はしていたという。才賀とは一緒に練習したこともあり、会場で会えば話もする仲だが「試合になれば関係ないです。やるからには倒しに行く」と那須川。

 那須川は55kg、才賀は58kgと階級が違い体重差はあるが、「60kgまでならやってもいいと思っています。負ける気がしない。そこまで普段の体重があるわけではないけれど、上の階級でやってもいいかなと思っています」と、那須川は才賀の階級に合わせてもいいという。

 また、会場には高田延彦RIZIN統括本部長も試合を視察に訪れており、「才賀とやれんのか!?」と問われ、「やりますと答えました」と明かした。

 7月30日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017 1st ROUND-夏の陣-』で、那須川vs才賀が実現するのか。注目される。

最終更新:5/20(土) 23:49
イーファイト