ここから本文です

<シリア和平会議>大きな進展なく 4日間の会期を終了

毎日新聞 5/20(土) 10:21配信

 【パリ賀有勇】スイス・ジュネーブの国連欧州本部で開かれていた、国連が仲介するアサド政権と反体制派によるシリア和平会議は19日、4日間の会期を終了した。大きな進展はなかった。

 AFP通信によると、仲介役のデミストゥーラ国連特使(シリア担当)は「政治移行プロセス」の法的な課題について協議する専門家らによる委員会の設置を提案した。だが、和平交渉の主要課題であるアサド大統領の処遇を巡って隔たりは大きく、交渉自体に目立った進展はみられなかったという。協議は6月に再開される予定。

最終更新:5/20(土) 10:21

毎日新聞