ここから本文です

ソフトBデスパ 珍アウト 三塁コーチと接触「何が起きたのか…」

スポニチアネックス 5/20(土) 6:00配信

 ◇パ・リーグ ソフトバンク2―1西武(2017年5月19日 メットライフドーム)

 同点の4回2死二塁で、中村晃の右前打でソフトバンクの二塁走者・デスパイネが三塁コーチと接触し、アウトになる珍プレーが起こった。

 三塁を回って本塁を狙ったが突然制止されたことで勢い余って村松三塁コーチの左腰付近に左手でタッチ。これが公認野球規則の「肉体的援助」に触れ、守備妨害が宣告された。「自分は何が起きたのか分からなかった」とがっくり。それでも7回には先頭で左中間二塁打を放ち、上林の決勝二塁打を呼び込むところはさすがだった。

 ◆公認野球規則6・01(a)(8) 「三塁または一塁のベースコーチが走者に触れるか、または支えるかして、走者の三塁または一塁への帰塁あるいはそれらの離塁を、肉体的に援助したと審判員が認めた場合」審判員は援助を受けた走者にインターフェア(守備妨害)を宣告し、走者アウト、ボールデットとする。

最終更新:5/20(土) 6:00

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/30(火) 0:50