ここから本文です

青森、高知にオフィス=地方創生へ6月に試験開設―政府

時事通信 5/20(土) 7:59配信

 政府のまち・ひと・しごと創生本部と内閣府が6月、青森県八戸市と高知県安田町にサテライトオフィスを試験的に開設する方向で検討していることが分かった。

 地方創生や働き方改革の観点から東京以外で働く国家公務員を増やせないか、可能性を探る。

 開設期間は2週間で、安田町は6月5日から16日まで、八戸市は19日から30日までの予定。それぞれのオフィスに最大で10人程度の職員が勤務。近隣の市町村などを訪問して地方創生や子育て支援などに関する国の制度について説明したり、優れた取り組み事例を集めたりする。

 安田町のオフィスは、閉園した保育所を改修したシェアオフィスに設ける。近くにアユが泳ぐ清流のある自然豊かな環境だ。八戸市のオフィスはJR八戸駅に直結する複合施設に設置。職員は滞在中、「農家民泊」も体験する予定。

 政府が2016年末に改定した地方創生の総合戦略には、「地方に中央省庁のサテライトオフィスを設置し、本省業務の一部を執行することの可能性を実証・試行する」と明記された。創生本部などは今回の取り組みを踏まえ、本格導入に向けた課題を整理。今夏にも報告書をまとめる。 

最終更新:5/20(土) 8:05

時事通信