ここから本文です

ダイキン、米首都に事務所=環境規制や省エネ動向把握

時事通信 5/20(土) 8:07配信

 【ワシントン時事】空調大手ダイキン工業は19日、経営戦略上重要となる環境規制や省エネルギーなどの動向を把握する拠点となる米ワシントン事務所の開所式を行った。

 ダイキンの省エネ空調技術や米国での投資・雇用実績も発信し、存在感をアピールする考え。

 開所式には井上礼之会長のほか、米議会議員や関係者ら約200人が参加。井上会長はあいさつで「ワシントンは世界中の政治、経済、科学などあらゆる情報が交差し蓄積される。ここで重要な意思決定が行われ、世界が大きく変革する」と強調した。 

最終更新:5/20(土) 8:10

時事通信