ここから本文です

「BLAME!」舞台挨拶に駆除系が乱入!ゆるいビジュアルに櫻井孝宏がツッコミ

5/20(土) 15:08配信

コミックナタリー

弐瓶勉原作による劇場アニメ「BLAME!」の初日舞台挨拶が、本日5月20日に東京・新宿ピカデリーにて行われ、霧亥役の櫻井孝宏、サナカン役の早見沙織、タエ役の洲崎綾、瀬下寛之監督、吉平“Tady”直弘副監督が登壇した。

【写真】櫻井孝宏(他28枚)

公開初日を迎えての思いを問われた櫻井は「うれしいです。その一言に尽きます」と感無量の様子。また「大きなスクリーンで観られるときが来たのがうれしい。つい笑みがこぼれて、ニヤニヤしてしまう」と笑うと、洲崎も「私も内心ニヤニヤしてます。期待した以上のものがぎゅっと詰まったフィルムになってる」、続いて早見も「私もニヤニヤ。『BLAME!』は劇場の大きなスクリーンで、大迫力で、素敵な音で観ていただくのがぴったりな作品。皆さんがどう感じてくださるのか、ニヤニヤドキドキ……」とそれぞれ思いを口にする。

本作は映像に先行して音声を収録するプレスコ方式で制作された。吉平副監督曰く「キャラクターデザインしか(役者に)お渡ししていない」という、絵が全くない状態での収録のため、役者の想像力が重要になる。櫻井は「行動を伴うシーンは両監督とその場でディスカッションしました。例えば『走っている』ときは、どのくらいのペースで、どういう気持ちでとか、『止まって振り返る』だったら何歩で振り返るのかなど。セリフ以外の、周囲の状況が書いてあるト書きも頼りでした」とプレスコについて語り、「霧亥は独自の行動が多かったけど、(ほかのキャスト陣の演技で)こういうシーンなんだな、と輪郭ができていくのを見るのは、とても素敵な体験でした」と述懐した。

早見が演じたのは、圧倒的な戦闘力を持つ上位クラスのセーフガード・サナカン。「プレスコは会話のテンポや雰囲気が大事で、その場でしか生まれないものが出てくるんですけど、サナカンはみんなとテンポよく掛け合うキャラクターではないんです。逆に、サナカンの空間を確立することに意識を向けていました」と振り返る。瀬下監督も「早見さんのサナカンへの入り込み方がすごくて、場面を完全に支配した。サナカンは皆さん(観客)の目に焼きつくんじゃないか」と太鼓判を押した。

洲崎は「SFを観たことがない方でも入りやすいんです。シンプルなストーリーで、映像と音響がすごい迫力」と作品の魅力を熱弁。しかし「主人公もあんまり喋らないんですけど……」と口にするや、櫻井が「それはせめて俺に言わせてくれ!」とつっこみ、観客を笑わせる。そして再び洲崎が「音楽がすごくカッコよくって、霧亥が喋らないぶん、劇伴が喋ってくれている」と話すと、櫻井が「やっといいことを言ったね!」とからかう場面も。瀬下監督も我が意を得たりの様子で「(音楽の)菅野祐悟さんががんばってくれた。主人公が喋らない映画だし、キャラクターは基本的にみんなスタンドプレー。音楽が感情を繋いでくれてるんです」と語る。吉平副監督も「音楽から、霧亥の感情が伝わってきます」とアピールした。

トークが一段落しプレス向けのフォトセッションへ移行中、突然早見が「ちょっと待った!」と場を支配する。サナカンの声で「私はサナカン。お前たち、ネット端末遺伝子を持たないものを排除する」と宣言した途端、なんと駆除系のセーフガードが劇場に乱入。四足歩行でステージにわらわらと集まってくる駆除系の姿を見た櫻井は「動きはいいけど、ビジュアルはゆるいな」と笑い、瀬下監督は「僕は嫌いじゃないですけど、弐瓶先生が見たら若干怒るレベル(笑)」とセーフガードのお面と衣装を茶化してみせた。なおこのセーフガードたちは、アルバイト求人情報サービス・anが展開する「an超バイト」とのコラボ企画で、キャストたちとともにポーズを決めてフォトセッションにも参加した。早見が「帰ってよし!」と言うと、駆除系は足早に退場。櫻井が「普通に二足歩行で走れるじゃないか!」とつっこんだり、帰るルートを間違える駆除系がいたりと、本編のセーフガードとは異なるかわいらしい挙動で会場を沸かした。

最後に櫻井は「ハードSFは縁遠い、難しい感じがする方もいると思います。でもそこにこそ、この作品の面白さがある。メタリックで、クールな世界で生きてる人間たちのドラマがあって、その息吹や体温がちゃんと伝わってきます。映画の、CGアニメーションの面白さがぎゅうぎゅうに詰まった作品です。素晴らしい映像体験を楽しみにしていてください」と語り、イベントは幕を閉じた。

劇場アニメ「BLAME!」は本日より2週間限定で劇場公開。本作はフランス・アヌシーで開催される世界最高峰のアニメーション映画祭であるアヌシー国際アニメーション映画祭2017、また9月よりデンマークで行われるヴィボー・アニメーションフェスティバル2017にて上映が決定している。

劇場アニメ「BLAME!」
2017年5月20日(土)より2週間限定で全国公開

スタッフ
原作:弐瓶勉「BLAME!」(講談社「アフタヌーン」所載)
総監修:弐瓶勉
監督:瀬下寛之
副監督/CGスーパーバイザー:吉平"Tady"直弘
脚本:村井さだゆき
プロダクションデザイナー:田中直哉
キャラクターデザイナー:森山佑樹
ディレクター・オブ・フォトグラフィー:片塰満則
美術監督:滝口比呂志
色彩設計:野地弘納
音響監督:岩浪美和
音楽:菅野祐悟
主題歌:angela「Calling you」
音楽制作:キングレコード
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
製作:東亜重工動画制作局

キャスト
霧亥:櫻井孝宏
シボ:花澤香菜
づる:雨宮天
おやっさん:山路和弘
捨造:宮野真守
タエ:洲崎綾
フサタ:島崎信長
アツジ:梶裕貴
統治局:豊崎愛生
サナカン:早見沙織

※島崎信長の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記。

(c)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局