ここから本文です

環境問題、楽しく学ぶ 富士宮でアース・キッズチャレンジ始動

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 5/20(土) 8:59配信

 子どもたちが環境について理解を深め、地球温暖化防止につなげる「アース・キッズチャレンジ」のキックオフイベントが19日、富士宮市立上野小で開かれた。東部地区では2017年度最初の実施校。市内では同校を皮切りに、計13校で取り組む。

 4年生約50人が三つの体験学習に挑戦した。用意された十数種類のごみを適切に分別処理したり、自転車をこいで電球を点灯させて発電の仕組みに触れたりした。静岡県地球温暖化防止活動推進センターの担当者が、温暖化の原因や影響などを解説した。

 児童は各家庭でリーダーとなり、事前の1週間に電気やガス、水道などのメーターの数字をチェック。今後1週間は学びを生かして節電などエコ生活を心掛け、変化を確かめる。

 県と同センター、各市町、学校が共同で実施する事業。本年度は県内24市町の93校、約5500人が参加する予定。

静岡新聞社

最終更新:5/20(土) 8:59

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS