ここから本文です

DeNA、抑えパットン誤算5位転落…南場オーナー“御前試合”で逆転負け

サンケイスポーツ 5/20(土) 7:00配信

 (セ・リーグ、DeNA3-5巨人=延長十回、7回戦、巨人5勝2敗、19日、横浜)息をのむ投手戦から一転、DeNAは巨人に逆転負けで5位転落。ラミレス監督も落胆の色を隠せなかった。

 「(先発の)井納も、その後の砂田も山崎康もよかったが、しっかり締めることができなかった。仕方ない、それが野球だから」

 マイコラスを七回に攻略し、勝ちパターンの継投で逃げ切りをはかるはずだったが、守護神のパットンが誤算だった。九回、阿部に二塁打を許し、暴投で三塁に進まれて自滅。マギーの犠飛で簡単に追いつかれ「きょうはマウンドでいい感じではなく、修正できなかった。自分の責任…」と肩を落とした。延長十回も悪い流れを断ち切れず、須田が勝負どころで四球を与えるなど勝ちに見はなされた。

 ラミレス監督は4月16日のヤクルト戦(横浜)から抑えを任せてきたパットンについて「チームが勝つために抑えはだれがいいのか、近いうちに判断したい」と配置転換を示唆。主砲の筒香を2試合連続で欠いた影響か、打線も終盤にあと1点が取りきれなかった。

 南場オーナーが見守った“御前試合”で敗戦。指揮官は「去年の今頃は最下位だった。まだこれから」というしかなかった。

最終更新:5/20(土) 8:49

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/26(金) 11:25