ここから本文です

「脱原発」で国民投票=賛成優位の見通し―スイス

時事通信 5/20(土) 15:08配信

 【フランクフルト時事】スイスで21日、「脱原発」への賛否を問う国民投票が行われる。

 原発の新設を禁止し、再生可能エネルギーを推進する改正エネルギー法への賛否を問うもので、事前の世論調査では賛成が優位と伝えられている。

 スイスは、東日本大震災での東京電力福島第1原発事故を受け、原発の新設凍結と国内5基の既存原発の順次停止という段階的な脱原発方針を2011年5月に決定。この方針に基づく改正エネルギー法が昨年9月に議会で承認されたが、その後反対派が署名を集め、国民投票にかけられることになった。

 国民投票でも賛成多数となれば、改正法は18年から施行される。 

最終更新:5/20(土) 15:15

時事通信