ここから本文です

川西市と南足柄市、災害応援協定 金太郎の縁 兵庫

産経新聞 5/20(土) 7:55配信

 川西市は、災害時に職員の派遣や食料などの物資を相互に提供し合う災害相互応援協定を、神奈川県南足柄市と結んだ。

 両市は、昔話に登場する「金太郎」(坂田金時)ゆかりの地として、まちづくりでも協力して取り組んでおり、今回災害時の協定を結ぶことになった。金太郎伝説は各地に残るが、川西市内には金太郎の墓があり、南足柄市は生まれ育った場所とされている。

 川西市役所で、大塩民生市長と南足柄市の加藤修平市長が協定書に署名。協定では、地震や風水害などで被災した場合、職員の派遣や支援物資を提供する。被災した市のシステムが動かなくなった際も想定し、被災状況や避難所の開設状況といった災害情報をもう一方の市のホームページに掲載する「代理掲載」も盛り込んだ。

 両市は観光や産業、青少年育成の分野でも交流を進めていくという。

最終更新:5/20(土) 7:55

産経新聞