ここから本文です

5年ぶり大規模訓練=人命救助やテロ船制圧―海保

時事通信 5/20(土) 16:19配信

 海上保安庁は20日、東京湾で総合訓練を行い、公募で選ばれた市民ら2000人余りに公開した。

〔写真特集〕海保、第三管区巡視船艇・航空機展示総合訓練

 海保が大規模な訓練を公開するのは5年ぶりで、尖閣諸島の国有化後初めて。

 訓練には第3管区海上保安本部を中心に北海道や福岡県など各地から計15隻の巡視船艇と計4機の航空機が参加した。

 航行中のタンカーで爆発火災が起きたと想定した訓練では、海上に投げ出されて漂流する乗組員の元へ海保のヘリから隊員が降下し、ロープでつり上げて救助。テロリストが乗った船を巡視艇が追跡し、正当防衛の射撃を行った後、隊員が乗り移って制圧する訓練も行った。

 海保は2012年まで毎年5月ごろ、観閲式とともに総合訓練を行っていた。同9月に政府が尖閣諸島を国有化した後は、中国公船が毎日のように接続水域を航行し、領海侵犯も繰り返すなど情勢が緊迫化したため、大量の船や航空機を動員する行事は控えていた。尖閣警備の専従体制が整ったため今回実施したが、観閲式は見送った。 

最終更新:5/20(土) 18:46

時事通信