ここから本文です

ノンスタ井上、ウソ泣き説に大慌て 相方・石田は“コンビ愛”全否定

スポニチアネックス 5/20(土) 13:59配信

 お笑いコンビ「NON STYLE」井上裕介(37)が20日放送の読売テレビ「特盛!よしもと今田・八光のおしゃべりジャングル」(土曜前11・55)に相方のと石田明(37)と出演。復帰会見のウソ泣き説を弁明した。

 番組では「泣いていても特技だと思ってしまう有名人」のアンケートを紹介。1位がフリーアナウンサーの徳光和夫(76)、2位が歌手の松田聖子(55)、3位にはタレントのベッキー(33)がランクイン。井上の謝罪会見の号泣ぶりも大きな話題となったが、MCの月亭八光(40)ら共演者から「まだまだ」とツッコミを入れられ、井上は「この人たちに憧れてはないんですよ」と苦笑するばかりだった。

 井上の復帰に際し、ベッキーから「相方さんがいるっていいですね!」と言われたという石田は「みんなコンビ愛っていうけど、嫌いやねん。こいつがいてへんと、もうけが違うから」と“コンビ愛”説を一蹴。謹慎中にも2人に会ったというお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(46)も「これ、マジらしいよ」と加勢した。

 謝罪会見に出席した芸能レポーターの長谷川まさ子氏(54)は「48分泣いてましたね。ハンカチ握って出てきて、あ~泣くんだろうなって(思った)」と指摘。一部では、あまりの泣きっぷりにウソ泣き説も出ているが、井上は「ちゃいますって。そんなわけないでしょ。そんな泣いているつもりは本当にない」と大慌て。そんな井上の会見を自分なりに分析したという石田は「誰々さんがこうやって優しくしてくれました…。相方がこうやって優しくしてくれました…。主役してんなよ、全部自分!」と不満をぶちまけた。

 藤本から井上が謹慎中に石田に敬語で話していたことを暴露された井上は「石田くんがいたから。申し訳なくて…」と低姿勢で言い訳。これにも石田は腹が立つようで、「こういう時だけくん付けするのはやめろ!」と文句は止まらず。そんな井上に、MCの今田耕司(51)は「お前は全部安っぽい。反省がペラペラ。深みがない」と厳しい言葉をぶつけるも、最後は「その薄さが魅力。お前は薄くあれ!」とエールを送っていた。

最終更新:5/20(土) 13:59

スポニチアネックス