ここから本文です

山本美月、中学生演じた映像がお蔵入りに「そりゃそうだよな」

スポーツ報知 5/20(土) 14:03配信

 女優の山本美月(25)と「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧(26)がダブル主演を務める映画「ピーチガール」(神徳幸治監督)の初日舞台あいさつが20日、東京・丸の内ピカデリー1で行われた。

 同名の人気コミックが原作。外見は派手でも中身はピュアな女子高生・安達もも(山本)と、学年一のモテ男・カイリ(伊野尾)が個性豊かな同級生らとすったもんだを繰り返すラブストーリーだ。

 20代中盤の山本と伊野尾が制服姿で高校生を演じるが、この日、実は中学生時代も演じていたことが判明。回想シーンで、山本はセーラー服姿になり共演の真剣佑と野球をしたという。後でカットされたことに気付いた山本が、監督に聞くと「さすがに無理だった」との回答。山本も「そりゃそうだな」と悲しそうに納得したという。だが「あのシーンがないと気付いた時の切なさといったら…」と本音は寂しそう。監督も「じゃあ、メイキング映像で」とフォローしていた。

最終更新:5/20(土) 16:28

スポーツ報知