ここから本文です

西武・浅村が100号弾「まさか100本打てるとは」 佐野が2勝目

5/20(土) 17:40配信

デイリースポーツ

 「西武7-5ソフトバンク」(20日、メットライフドーム)

 西武の浅村栄斗内野手が通算100号本塁打を放った。二回2死一、三塁から、ソフトバンクの先発右腕、中田から左翼席へと運んだ。

 メモリアル弾に浅村は「結果、ホームランになって良かったです。完璧でした。まさかプロに入って100本もホームランを打てるとは。これからもどんどん打てるように頑張りたい」とファンの大声援に応えていた。

 先発した佐野が2勝目。5回6安打4失点(自責2)も序盤から大量援護を受けて、今季2度目の先発も白星をつかんだ。

 打線は1点ビハンドの二回、ソフトバンク先発の中田を攻め、木村文の2号2ランで逆転すると、浅村の4号3ランで一挙5点を奪った。

 ソフトバンクは打線が七回、柳田の6号ソロなど反撃し、中継ぎ陣も四回以降は西武打線をわずか1安打に抑えたが、序盤の失点が重かった。先発の中田は2回1/3を7失点で3敗目(4勝)。