ここから本文です

明大 9回2死までノーヒット継投…最後に安打許すも快勝

スポニチアネックス 5/20(土) 16:41配信

 ◇東京六大学野球春季リーグ戦第7週第1日 明大3―0立大、法大3―2東大(2017年5月20日 神宮)

 明大と法大が先勝し、優勝への可能性を残した。

 明大は先発森下暢人(まさと、2年)が6回まで7四死球を与えながらノーヒットに抑え、2番手斉藤大将(ひろまさ、4年)も9回2死まで無安打に抑えていたが、最後に安打を許し1970年の慶大以来の2人でノーヒットノーラン継投の快挙は達成できなかった。しかし、3―0で立大を下し意地を見せた。

 法大は再三のチャンスをものにできずに苦しんだが長谷川裕也(4年)―熊谷拓也(4年)の投手リレーで東大を下した。この結果、立大の今週の優勝はなくなった。

最終更新:5/20(土) 16:41

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/28(日) 2:45