ここから本文です

連敗脱出へ阪神が二回に先制点 鳥谷が中前へタイムリー

5/20(土) 18:30配信

デイリースポーツ

 「阪神-ヤクルト」(20日、神宮球場)

 連敗中の阪神が二回、鳥谷の中前適時打で先制点を奪った。

 まずは先頭の原口が二塁打で出塁。中堅前のポトリと落ちる打球が転々とする間に、懸命のヘッドスライディングで二塁を陥れた。続く鳥谷が2ストライクから3球目。内角高めの143キロ直球をフルスイングした。

 打球は詰まりながらも二遊間を抜け、二走原口が一気に本塁まで生還した。14日のDeNA戦以来5試合ぶりの適時打。先発・藤浪を序盤から打線が援護した。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/22(木) 23:50