ここから本文です

広島・九里が4敗目 「粘れたことは良かったが」と唇かむ

5/20(土) 19:08配信

デイリースポーツ

 「中日2-1広島」(20日、ナゴヤドーム)

 広島の先発・九里は7回8安打2失点で、今季4敗目を喫した。

【写真】モデル活動も行う九里の妹・聖莉奈さん

 二回に安打と失策などでピンチを背負い、藤井の右前打で1点を許したが、その後は、粘り強い投球を展開した。だが、六回無死から連打で一、三塁とされると、ビシエドの遊撃併殺打の間に勝ち越し点を許した。

 試合後は「粘れたことは良かったけど点を与えてしまって悔しい」と唇を噛んだ。

スポーツナビ 野球情報