ここから本文です

キンコン西野 絵本無料公開反対のクリエイターを批判「実力を上げろ」

5/20(土) 22:22配信

デイリースポーツ

 お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣(36)が20日、千葉市内で行われた、フリーアナウンサーの長谷川豊氏(41)とのトークイベントに出演。昨年10月に発売した絵本「えんとつ町のプペル」の無料公開に反対する声を批判した。

【写真】キンコン西野「ピコ太郎になりたい」

 西野は今年1月、小学生の「2000円では買えない」との意見を聞き入れ、ネット上で同作の無料公開に踏み切った。その後、「アニメクリエーターの収入が奪われる」などの反対意見が続出。炎上状態に陥った。

 西野はこの日、改めて反対意見に対して反論。「自分の同級生はもう母親になっている人が多いんですが、母親は時間にもお金にも余裕がない。だから『外れ』が許されないんです」とし、「本屋で立ち読みしてから買い与えるといっても、その時間もない。だから、スマホとかで立ち読みできるように、無料公開にしたんです」と真意を明かした。

 さらに「絵本って、基本的に『読み聞かせ』に使うものだから、結局は実物が必要になる。だから無料公開にしても、売り上げは増えた」と説明。「強度に自信があるなら、無料公開をするのは有効。無料公開して売れなくなるのは、一定レベル以下の人です」と反対派をバッサリ斬り捨てた。

 西野の舌鋒は止まらず、「ブーブー言うてる時間があるなら、まず自分の実力を上げろ」と糾弾。その上で「次回作も無料にしますよ。面白ければ売れます」と自信たっぷりに語った。