ここから本文です

【MLB】フィリーズのJ.ヘリクソンが5勝目、適時打放って負傷降板も「大丈夫」

5/20(土) 14:33配信

ISM

 フィラデルフィア・フィリーズは現地19日、敵地でピッツバーグ・パイレーツと対戦。先発ジェレミー・ヘリクソン投手がタイムリー二塁打を放った際に負傷して降板するアクシデントに見舞われたものの、7対2で勝利した。

 ヘリクソンは初回に2点を先制されたが、2回以降は立ち直ってパイレーツに得点を許さず。3対2と逆転して迎えた7回の攻撃では、2死二塁から三塁線を破るツーベースで打点を挙げるも、このときにわき腹を痛めてしまい、その裏からリリーフ陣にマウンドを譲った。

 6回を2安打、1四球、2奪三振、2失点(自責点は1)で今季5勝目(1敗)を挙げたヘリクソン。気になるケガについては、「大事ではないだろう、腰のあたりが張っただけ。明日になれば詳しいことが分かるだろうけれど大丈夫さ。続投できるかなとも思ったが、(ピート・マッカニン)監督が許してくれなかった」と語っている。(STATS-AP)

最終更新:5/20(土) 14:33
ISM

スポーツナビ 野球情報