ここから本文です

知花くらら、女優業に必死「なかなかのチャレンジだった」

5/20(土) 17:56配信

オリコン

 女優の知花くらら(35)が20日、都内で開催中の『WOMAN EXPO TOKYO 2017』内のトークイベントに出席。2015年にNHK大河ドラマ『花燃ゆ』で本格的に女優デビューを果たした知花は「最近お芝居を始めて、30歳半ばから新しいことを始めるのはなかなかチャレンジだった。全く新しいことに飛び込んで、今必死です」と話した。

 ファッション誌『Marisol』(集英社)の編集長・杉野潤子氏とトークを展開した知花は、“必死”だという女優業について「怒られたり、アドバイスがありがたくて仕方がない」と充実ぶりが伝わる笑顔。「新しいチャレンジ頑張ります」と声を弾ませた。

 イベントでは、WFP国連世界食糧計画日本大使を務める知花の活動の様子も紹介。活動を通して考えも変わっていったようで、自身が仕事をするときのモットーを「いろんな国を訪れるときと同じくらい、心をオープンにしています」と熱弁。会場に集まった女性たちへ向けて、「人間関係に悩んだり、いろんなことがあると思いますが、世界中にはいろんな人がいるし、どう考えるかは人それぞれ。とりあえず受け入れて、自分が次どうするか考えると視野が広がって楽しくなります」と呼びかけた。

最終更新:5/20(土) 17:56
オリコン