ここから本文です

16歳女優の松風理咲の“つながりたい”ことは?

サンケイスポーツ 5/20(土) 13:55配信

 女優、松風理咲(16)が20日、東京・新宿武蔵野館で行われた初主演映画「トモシビ 銚子電鉄6・4kmの軌跡」(杉山泰一監督)の初日舞台あいさつに出席した。千葉県内のローカル線と女子高生らの思いを描いた感動作。ストーリーにかけて“つながり”について聞かれると「姉が1年間海外留学していてすごく寂しい。帰って来たら一緒に映画に行ってつながれたら」と笑顔を見せた。

 一方、運転士役で出演したお笑いコンビ、よゐこの有野晋哉(45)は「今やっているカンヌ映画祭とつながりたい。この映画を持っていって世界の人に見てほしい。まだ間に合います」と大きな夢を掲げた。

 有野は同作の撮影中に鎖骨を骨折しており、共演の女優、富田靖子(48)から「痛くないかな、と心配しながら演じていました」と告白されると、「ちゃんとポッキリ折れてましたから」と笑わせた。

 ほかに同作の主題歌を担当したシンガーソングライターで女優、植田真梨恵(26)、俳優の前野朋哉(31)が出席した。

最終更新:5/20(土) 13:55

サンケイスポーツ