ここから本文です

DeNAが競り勝つ 山崎康がクローザー復帰でセーブ

サンケイスポーツ 5/20(土) 16:51配信

 (セ・リーグ、DeNA6-4巨人、8回戦、20日、横浜)DeNAが効果的に点を奪い、連敗を2で止めた。先発クラインが5回4失点。2番手・加賀からパットン、三上、山崎康とつなぎ、G打線に追加点を許さなかった。

 九回、最後は山崎康が村田を空振り三振に仕留めた。クローザー復帰。ハマスタに「ヤスアキ」コールが響き渡った。山崎康は3セーブ目。

 先制したのはDeNA。一回、ロぺスが相手先発・内海から左翼席に8号2ランを放った。巨人は二回にクラインを攻め、3連続適時打で一挙4点を奪った。

 DeNAは粘る。五回に梶谷の二ゴロの間に三走が生還。さらにロペスが左翼線に適時二塁打を放ち、追いついた。

 4-4の六回、1番・桑原が2番手・桜井から右前2点打を放ち、これが決勝点となった。

 ◆DeNA・山崎康 「昨日はパットンも打たれて、須田さんも打たれて悔しい思いをしたので、なんとか今日借りを返せるように臨んで頑張りました」

最終更新:5/20(土) 17:44

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報