ここから本文です

「アペリティフ in 東京2017」開幕

5/20(土) 21:55配信

MEGABRASIL

21日(日)まで開催

5月19日(金)、食文化と共にフランス流ライフスタイルを伝えるイベント「アペリティフ in 東京2017」(主催/フランス農業・農産物加工業・林業省、SOPEXA JAPON(フランス食品振興会))が、代官山ヒルサイドテラスで開幕した。

アペリティフとは、食前酒という意味だけでなく、フランスでは食事を始める前に飲み物とアミューズ(おつまみ)で友人たちとお喋りに興じる、素敵な時間の過ごし方のことで、ライフスタイルを大切にするフランスでは、日々の生活の中に「ゆとりのひととき」=「アペリティフを楽しむ習慣」を取り入れているという。

そんなアペリティフというライフスタイルを日本で定着させることを目指して、日本各地で開催されているイベントが「アペリティフ~Art de Vivre à la Française~」。

2017年は東京、太田、仙台、水戸、埼玉、横浜、富山、金沢、岐阜(2会場)、滋賀、京都、岡山、高松、松山、徳島、土佐の16都市で開催され、会場によってイベントの内容や開催時期、会期は異なる。ブラジルタウンとしても名高い群馬県太田市で開催される「アペリティフ in 太田」は10月6日(金)、宮の森迎賓館ティアラグリーンパレスにて開催される。

「アペリティフ in 東京2017」では、21日(日)まで3日間にわたり、有名シェフが軽食を提供するほか、有名ブランドを持つ企業がフランス産品を紹介する。

参加シェフは、島田進(パティシエ・シマ)、アンドレ・パッション(レストラン・パッション)、福田順彦(セルリアンタワー東急ホテル)、吉野健(レストラン タテル ヨシノ)、小山裕久(青柳)、ドミニク・コルビ(maison de MINAMI)、吉田菊次郎(ブールミッシュ)、フレデリック・マドレーヌ(Le Pommier)、河野透(レストラン モナリザ)、脇屋友詞(Wakiya一笑美茶樓)、藤森二郎(ビゴ東京)。

各シェフは「アペリティフ in 東京2017」を盛り上げるため、それぞれが考案したアミューズを提供。フードは500円~で、飲食はキャッシュオンデリバリー制。

「アペリティフ in 東京 2017」は5月21日(日)まで代官山ヒルサイドテラスで開催中。11時から19時。

(文/麻生雅人)

最終更新:5/20(土) 21:55
MEGABRASIL